タウリンの効果効能について考える

タウリンの効果効能について考える

タウリンとは

タウリンとは、アミノ酸の一種でイカやタコに多く含まれています。
人の身体の中では筋肉(身体全体の70%が含まれる)や心臓、脾臓、脳の一部や眼の網膜、
白血球中や胆嚢の胆汁と結びついた状態で存在しています。
タウリンは哺乳類、哺乳動物の母乳にも含まれていて成長するためにとても大切な栄養素
です。
赤ちゃんの脳の発育を促します。
また、血中コレステロールの量を調整したり脂肪を乳化、消化することに働きかけます。
コレステロールに働きかけるので、胆石を溶かす働きもあります。
糖尿病の予防や小腸のぜん動運動を促して腸内環境をいい状態に保つように働きかけ
ます。
ほかには、疲労回復や視力回復の効果があることがわかっていますし、滋養強壮剤にも
含まれることも多いです。
タウリンが不足すると、働きかけることが少なくなるので血圧が高くなる、動脈硬化を招き
やすい、心臓の働きが弱くなる、肝臓の機能が低下しやすいなどの可能性が高くなります。
そして、眼の網膜機能障害が不足することと関連していることがわかっています。
タウリンは、体内でも生成されていますが小量なので食べ物から摂取するようにすることが

大切です。
多く含む食べ物は、ヤリイカ、帆立貝、さざえ、牡蠣、ハマグリ、トコブシ、タコがあります。

タウリンの効果効能は

タウリンは、含硫アミノ酸から合成されるアミノエチルスルホン酸であり、インスリンの分泌促進作用や身体の恒常性維持、胆汁の分泌促進作用、アルコール摂取時の肝臓補助作用、疲労回復、脂肪肝の予防など多くの効果効能があります。
インスリンの分泌促進作用は、高血糖状態時にインスリンの分泌を促進し血糖値や血圧の上昇を抑制する機能があり、糖尿病の予防や初期症状の緩和など糖尿病の改善作用があります。身体の恒常性維持は、環境変化や身体の運動、疾患などにより心拍数や血流、体温などの変化を正常に維持するセーフティーシステムであり、早く身体が正常な状態に戻る事で身体の不調や疲労を軽減出来ます。
タウリンには、肝臓から分泌される胆汁の分泌促進作用があり、胆汁酸の分泌が促進される事で血中のコレステロール値が下がり、動脈硬化を抑制し心疾患や脳血管疾患などを予防します。特に肝臓に溜まった中性脂肪を体外に排出する作用があり、脂肪肝を予防する作用があります。アルコール摂取時には、アルコールの2段階反応を促進する酵素の働きをサポートし、肝臓への負担を軽減します。その結果、肝臓が正常に機能する事で体調不良や疲労回復、身体の浮腫みなどが短時間で回復する事が出来ます。タウリンは、非常に有効な生体効果が多いので、日頃から飲んでおきたい栄養成分です。